彼らはあえて話しませんでした!

「うわー!婚約者の結婚相手の!婚約者の結婚相手の!婚約者の結婚相手の!」
彼の周りの人々の感情は女’sによって答えられたようであり、そして彼らは一瞬のうちに点火し、そして彼らは再び歓声を上げ始めました!

女の顔は赤でしたが、今回は恥ずかしさはありませんでしたが、両手を立ち上がっていなかった男の首が男の唇に直接注射をしてくれました!
「うわー、もう足りない、もう1つ来なさい!」
あなたの周りのより多くの人々がより精力的に見える、もっと見るのを待つことができません!琉生も多くの人を見ましたが、彼らはまだより重要なことを覚えています!
「さて、私はそれを見たい、後で結婚式を見なさい!」

「つまり、出発の準備をしなければならないが、時間を遅らせないでください。遅すぎるのです」

結婚相手がどのような考えになるかに関しては

それは周りのこれらの人々の要件を満たすのが遅れたためであれば、男は結婚式のために非常に多くの思いやりのある準備を費やしてきました、それは損失の価値があることはないでしょう!
「ああ、そうそう、現場に行って!行こう!」
咲希の言葉を聞いた後、周りの人々は花婿と花嫁がすぐに外出しなければならないことに気づきました。車は男と女の結婚式の現場に行きました。結局、過去に男に送ってもらうように手配した人がいなければ、二人の結婚式がどこで行われたのかはまだわかりません。男の内密な仕事しか言えない、それは本当に良いことだ!これを考えて、女はまだ間違っていると感じています!
彼らが知らないと言ってはいけません、彼女の花嫁でさえ、あなたはそれを知らないのです!ほとんどの見物人が出て行った後、男と女は動き始めました。一人の膝で地面にひざまずいていた男はゆっくりと立ち上がって女を直接両腕に抱きしめ、そして彼の周りのみんなの歓声の中で、彼は女と一緒に花嫁の部屋から出た。男が結婚式の車に乗るまで、女はその人全員が少し戸惑っていると感じました!彼女はそれが他の誰かの結婚式でどのように感じられるのかわからない!しかし、彼女は今ぎこちなく感じるだけです!しかし幸いにも、彼女の周りに男がいます!たとえ彼女がもはや心配しなくても、男だけがそこにいます!とにかく、男は間違いなくすべてをうまくアレンジするでしょう!
大丈夫ですか?疲れましたか?

結婚相手は夏グループとの協力プロジェクトを考えましたが

男がバスに乗った後、彼は厄介な賞賛を見て心配の表情で尋ねました。最初の3ヶ月は過ぎましたが、男はまだ非常に心配しています。また、それは正面のほんの一部であり、そして後ろの結婚式は、まだ長い時間があります!これらのことが女の体に影響を与えるのであれば、男は間違いなくそれを見たくないでしょう!女は男を見て笑顔で首を横に振った。

「元気です、前によく休みました、今は疲れていません!」

男の悩み、女もそこにいるので、しばらく前に、彼女は休息に注意を払ってきました、あなた自身が結婚式で最高の状態を持つようにしてください!したがって、現在の女はそれがエキサイティングであると言うほど疲れていません!初期の緊張が終わった後、それは今興奮しました!
「そう、これが私のお気に入りの花であることをどのように知っていますか。私はそれを言っていないようでした!」

女はいつも男が彼女にくれたゼラニウムを持っていました、たとえ彼女が結婚式の車に乗ったとしても、彼女はそれを残しませんでした。さて、彼女はついにこの一群の花を撮り、男を見て、そして以前に彼女に質問しました。
「愚かな、あなたの仕事、どんなことに関係なく、私は最も心配しています!あなたがあなたが最も好きなものさえ知らないならば、どうすれば私はあなたを家に連れて行く資格を得ることができます!」
そう、男はなぜ彼が知っているのか本当に答えなかったが、彼の答えのために、言わなければならないけれども、女は非常に満足している!
夫、ありがとう!

そして彼は女と大翔の間のもつれを知りません。

女は、男を見ました。初めてこのタイトルを発表できてとても嬉しかったです!男は、彼女の名前のために女を見ていて少し驚きましたが、すぐに反応しました。
「ばかげて、ありがとう。私の夫、私はただ、次の結婚式であなたがそれを好きになることを願っています!」

彼女の夫の言葉を女から聞いた後、男は彼に女の名前を思い出させることができるようです。177N


彼女はここにいた!飲み込む、無男は言った、女は本当にこの結婚式を楽しみにしています!誰が男を本当に強く隠しすぎるのですか!彼女はまだはっきりしていない!
「ああ、車は長い間運転してきたようだ。遠くに行くのだろうか?」
それは男が前に彼女に思い出させなかったようです、彼らは長い時間の車がかかります!過去に、もし彼らが外出しなければならず、長い時間の車を取る必要があるならば、男は私に女を思い出させるでしょう!
早い、早い

そして彼は隣人をちらっと見た

こんにちは、もうすぐですか?女は男を見て、次に先のシーンを見るようになった。こんにちは、ここに、彼女はここにいたようです!いいえ、いいえ、好きではありません、本当にやってくるのです!彼女がまだ学校に通っていたとき、彼女はかつて颯真と一緒の場所を持っていました。そうではないでしょう、男は結婚式の場所を決めた、その場所ですか?なんてそんなに賢いことでしょう。
「まあ、あなたはそれを推測しました!」
男は、女が戸惑うような視線で彼の視線を見ているのを見ました。
「ああ、でも、どうやってそれを知っているの?」
話の後で、女は突然気づいた!
彼女が好きな花でさえ知ることができますこの質問は男にはそれほど難しいことではありません!さらに、この秘密を知っている颯真は、古くから男のファンのようなキャラクターでした!あなたがこれを颯真から知りたいのであれば、男にとってそれほど難しいことではありません。
「ねえ、颯真は大きな裏切り者です!」
私がそれを理解した後、女は強打で言った。幸いなことに、颯真は彼女の目の前にいませんが、そうでなければ、女は颯真の額を指し示してこれを言うことになっています!
「彼女は大きな英雄になるべきだと思います」


男はこの外観を女で見た、私はとてもかわいい気分だ!しかし、そのような重要な情報を彼自身に与えた颯真は、当然それを報告しなければなりません!
「ああ、なんて素晴らしい英雄なのか、明らかに大きな裏切り者である!私の大きさの秘密が何であっても、彼女はあなたに完全にあなたを言っているのではないかと思います!」

結婚相手がどのような考えになるかに関しては

女の言葉はさりげなく言われていましたが、結局のところ、彼女と颯真は多くのことを経験してきました。彼女がこれを言っているのを聞いた後、男は実際に彼女を見てうなずいたことをどうやって彼女は知ることができました。
「必ずしもそうとは限りませんが、ほとんどすべてであるはずです」

あなた、あなた
この日は本当に不可能です!女は突然、男の前で、彼女はプライバシーをまったく持たないぼろぼろの人形であるように思われました!
「怒っていますか。でも私はあなたのことをもっと知りたいのです。あなたがもっと満足できるようにできることを願っています!」

男がこの文を言ったとき、彼はまたわずかにいくつかの不満をもたらしました、それで女を聞いた後、彼の心はすぐに柔らかくなり、そして彼が怒っていたら、彼はそれを言うことができませんでした!男はこれについて話しました、そして、彼はまだそれを言うことができます!こんにちは、男は間違いなく意図的です、それは意図的です!故意に彼女に対処するためにこの苦情を使ってください!しかし、男が故意であったとしても、彼女はそのような男を拒否する方法がありません!さらに、男にこれをさせたのは彼女のせいです!さらに、女は男の言葉が真実であり、誰もが空っぽではないことを非常に明確にしています!彼は彼女が彼女が良いことを望んでいると言った、そして彼女は本当に彼女が良いことを望んでいる!これのために、男のために、女はまだ自信に満ちています!