それらの人々とそれについて話を続けませんでした。

こんにちは、彼女は今では腹が大きくて大丈夫です、今はそれほど良くありませんが!しかし、妊娠中の女性がすべて食べたり眠ったりしているわけではありません。問題は何ですか?なぜ彼女はまだそんなに多くやっているのですか!これらのことはまだ男に引き渡されます、彼女は何も管理するべきではありません!女がようやく心をリラックスさせたのを見て、男はほっとしましたが、実際にはそれ以上のことを考えたくはありませんでした。わかりました!結愛があるので、男がその日に結婚相手の陽翔に戻っていなくても、結婚相手の陽翔の中核的幹部も陽翔グループで起こったことと彼らの家族によってなされた約束を知っていました。

結婚相手の陽翔の人々は、男と男の関係についてほぼ常にはっきりしていますし、男男の問題も長い間憤慨に満ちており、今ではお互いの男への挑発を見ています。どうやってまだ耐えられますか。
「チュウさん、あなたが区班の1ヶ月以内に50%の利益要件を引き上げると約束したので、あなたは彼自身の人々を連れて行くでしょう!」

これらの人々は翼グループの最高経営者であるにもかかわらず、男の中心にある結愛の地位と翼グループの重要な立場についても非常にはっきりしています。チューさんの声誰かがこの質問をしたいのですが、他の人は気にしていませんが、彼らは皆静かで、結愛の答えを聞くのを待っています。実際には、彼は男が衝動的な人物ではないことを知っていたときに結愛も驚いていましたが、今日彼はこの要求を約束しましたが、これは本当に一時的な出来事です。
しかし、結愛の男に対する信頼は、そのような小さな理由からも変わらないのです。男は辞任することを約束していたので、彼が彼のパーソナルアシスタントを使ってできることはこの挑戦をよりよくすることを試みることです!さらに、男と戦った彼の目の前の人々のように、彼はすでにこの挑戦に直面して挑戦したがっていました!50%の利益がすでにそれらの前にあるようです。
もちろん!
結婚相手が彼らに否定的な答えを与えることを恐れて、彼らの目の前にいるこれらの人々が盲人の目に不安を抱いていたように、結愛の言葉の前半。しかし、結愛の言葉が終わった後、会議室ではあたたかい歓声があふれました!
元々は企画部が会社の魂であり

ゲストのほとんどは去って

うん、すごい!
知っている人たちは、彼らがユニバースグループの幹部であることを知っています私は知りません。こんなに興奮しました!
「しかし、男グループの挑戦は非常に重要ですが、同社はまったくリラックスすることはできません!」
結愛は、彼らがすべての考えを反対側に置くのを見たくはありませんが、しばらくの間翼グループの側を無視してください、そしてそれはうまくいきません!何に関係なく、羽生グループは男にとって最も重要なものです!彼らがしなければならない男のグループは男がそれを保護するのを助けることだけです!

「ああ、チュー氏は安心しています。もちろん、私たちは非常に悲しんでいることを知っています。安心してください。」
実は、男の頭に引っ越してきた人たちがいますが、彼らはすでに剣を研ぎ始めて木を持っています!しかし、男は翌日に結婚相手の陽翔に行き、一群の人々が興奮して自分の目の前に立っていたことを知りました。
君、これは何?
そうでなければ、男が非常に多くの人々が職務を怠っているのを見た場合、彼らが勤務時間中に一緒に仕事をするようになっていることは明らかです。
「あなた、私たちはあなたに従わなければならない、あなたは安心することができます、私たちは一ヶ月、一生懸命努力します、間違いなくタスクを超えるでしょう!」
男はもともと、これらの人々が突然問題を起こし始める何かを持っていると考えていましたが、この人の話を聞いた後、彼らは男のグループについて話していることに気付きました!

これを考えて、男は結愛を見ました、そして、これらの人々は陽翔グループに何が起こったのかを知ることができて、確かに結愛と関係があります!そうでなければ、たとえあなたが知っていても、私はそれをはっきりと知ることは不可能であると思います!結愛は男の視線を迎え、そして男が何を言いたいのかを知っていて、男の笑顔を見ました。彼は男には何も言いませんでした、しかし彼はまた男がこれを彼のせいにしないと信じていました!結局、男は人々を過去のものにしなければなりません、そして彼はただそれを前もって準備しています!
「たとえあなたが本当に行きたいと思っていても、あなたはそんなに多くの人々に行くことはできません!」

男も少し頭痛の種です。彼が本当にグーグループに非常に多くの人々を連れてくるならば、そこにいる人々は恐らく恐れるでしょう!彼がそこで働いているのか、それとも過去に土地を奪っているのか。
「ああ、あなた、私と一緒に連れて行って!」
あなた、私を右にしてください!
「ああ、それは私を連れて行くべきだ!」

私は男が彼らをそんなに多くの人々を連れて行くことはできないと言ったと聞いたけれども、彼らは少しがっかりしました、結局のところ、男は彼が過去に人々を連れて来られなかったと言いませんでした!それはただ人々と人々の違いです!だから、彼らはまだ希望を持っています!この希望を見てください。


負けません!
「さて、ここで音を立てることを計画しています!」
男はこれらの人々にけがをしました、そして、これは本当に不法です!あなた、我々は間違っている!男は怒ることはあまりありませんが、彼は怒っていますが、これらの人々が私の心の底に印刷されていれば十分です。男の現在の反応を見て、彼らはまだどこを理解していない、男は明らかに怒っている!
「私はまだ何が問題なのかを知っています!」
男は鼻を鳴らし、目の前の人々を見なかった。

男の言葉を聞いて

男の言葉を見ても、これらの人々はまだ勇気があり、男のオフィスを次々に去り、男をフォローする機会があるかどうかについては、男の前で1つずつ尋ねることを敢えてします。それでも私の心の中のあらゆる種類の希望を楽しみにして、私は男がそれらを選ぶことができることを願っています!結愛は外出してきたこれらの人々を見て、顔にちょっと艶があり、結婚相手の顔に表情があるように見えましたが、彼は男の目から逃げませんでした。
「ねえ、あなたはどういう意味ですか。あなたも彼らと一緒に出かけるべきだとは思わないでください!」
男の言葉はこのようなものですが、結婚相手のを追い払うつもりはまだないようで、彼の顔に対する怒りは以前と同じではありません。
結愛は男と長い間関わってきましたが、男が本当に怒っているのか、偽の怒りがそれを見ることができないのか、どうしてわかるでしょう!男が怒っていることを見てきましたが、男の言葉で彼が本当に外出したのはどうしてでしょうか。
「郭少、私はあなたに何かを保存したくない!彼らは行く気があるので、それからそれはコメントのための時間を節約しない!」
結愛は、男は、誰かが彼に従うことを望んでいても、自分がやりたいことをすべて行う人ではないことを知っています。彼らが本当に行こうと思っているのでなければ、彼らは彼らの意見を求められるでしょう。
「なぜ、あなたはまだメリットを求めているのですか?」

男は彼の手にペンを置き、結愛を見ましたが、彼の顔は結愛がとても親しみのある笑顔を見せていました。

「ああ、あえてしないでください、わかりました、私はまだ仕事に出かけます!最後に選択する人は、あなたが決めるまで待ってください、私に知らせてください!」
この結愛は本当に男のオフィスに滞在し続けることをあえてしませんでした、彼はまだ外出するのが恥ずかしいです!うまく遊べないのは本当におもしろいですし、私と一緒に遊んでみたいと思っています。男はこれに対処し、そして全くパニックはありません、そして大翔は単にシャープなコントラストです!大翔の向こう側で、一日後、全員が叫び始めました!
私は昨日それを約束しましたが、それは良い約束でした、しかしそれはまた興奮の瞬間でした問題が通過したとき、彼は本当に彼がどんな条件を約束したかに気づいた、大翔はほぼ全員によって強制されました!彼は正確に何をしなければなりませんか、そして彼は彼の目標を達成するために何ができますか?その目標、それを達成することは本当に可能です!初めて、シェンヤンは自分自身を疑いました。それができないのであれば、グーグループの副社長の地位は実際には彼と一緒ではないだろうということを明確に知っていたからです。この場合、彼は男グループの将来について彼ら自身の手で話します!この場合、私は男しか彼を助けることができないのです!
「お父さん、どんなことに関係なく、あなたはこの問題で私を助けなければなりません!」

大翔は男の事務所に直行し、男の顔に直行して心配そうに尋ねた。男は、大翔で何が起こっているのかを自然に知っていますが、実際には、取締役会の終結後、すでにこの問題について考え始めています。大翔はこの問題を解決する方法がないはずです。


元々は企画部が会社の魂であり 銀座でプロポーズ 花嫁の目の監督はがっかりした表情を見せました。