そして彼女をちらっと見ました。

そしてそれは彼と男の間の関係にのみあります、彼自身の能力との関係はありません!
「もちろん、もし大翔が他で高いものを探しているのであれば、当然それを要求することはないだろう。誰もが言う、それはそれだ!」
大翔の息はまだ飲み込まれていない、そして彼はマネーディレクターの言葉にほとんど発話された!

男はお金の監督に耳を傾けたとき少し手助けができず、ちょっとおかしいと感じました。
「もちろん、当社のグシグループは常に従業員の育成を非常に重視してきました。当然のことながら、大翔氏が留まらなければならないと主張するつもりはありません。より多くの機会があります!」

マネーディレクターの言葉が終わった直後に、彼らは、男と大翔が移転するための適切なトピックを見つけることさえしなかった。不幸なことに、私は男に参加した若い理事会メンバーを楽しみにしています!彼はいつもマネーディレクターの側に立っていました、そして大翔はグシグループに入って以来、彼は大翔を本当に好きではありません。
あなた、あなた

陽翔は彼の前でこれらの人々を見て、それは理解できる、これらの人々は、あなたが私の文章である、明らかに直接大翔を奪うというアイデアのリズムです!


自己破壊の彼女のリズムを聞かせてもちろん、彼は大翔に追い払われることをいとわない。明らかに彼の息子、明らかに彼は彼が副大統領になることを望み、明らかに彼はすでに手元に自分の株を分けています!最後に、どのようにそれはそのような結末だろう!お父さん、私は区グループに滞在したいです!男によって止められた後沈黙していた大翔は突然口を開け、彼が突然言った言葉は会議室の人々を驚かせた。

「マネーディレクター、私はこれを意味しません。それは彼でなければなりません。それは男がその中に動いたものでなければなりません!」
大翔がお金のディレクターに言葉を言った後、彼はすぐに男に戻り、そして彼は男を直接何かひどいことをした人として説明したいと思いました!
「彼ができることは何だと思う?本当に彼がしたことをやれば、グーグループにはそんなに多くの人を見つけることができないと思うよ!あるいは愚か者として私たちを扱うのはあなたが一番賢い!」

マネーディレクターは大翔に本当に怒っています!才能は他の人より優れています、そして謙虚になるのは良いことです!しかし、この人の心は黒いと推定されています!彼の心の中では、彼以外の誰もが彼に匹敵するものではないということです!そんな素晴らしい、本当にどこから来るのかわからない!ああ、彼はどうやってそれをほとんど忘れていたのでしょう?この素晴らしいことは明らかに彼の前の人に生まれました!それはまだ非常に奇妙で素晴らしいです!
さて、飛んで、話をやめなさい!

大翔は、彼はまだ前進したいと言っていて、男に止められて彼を止めたと言った。男は、そのような状況では、もう一度言ってもうまくいかないことを恐れています。男は大翔に大きな格差で勝ちました、そして今度はそれは自己満足であり、そして今や彼は負けました。委員会の議長はこの結果と一致しているようです。結果が決まったので、その日のみんなの約束を覚えておく必要があります。郭少の能力は疑う余地がなく、大統領の地位の所有権は当然疑う余地がない!
大翔に関しては、マネーディレクターが一時停止し、大翔よりも前に男の副社長に就任することを望んでいました。グループの発展は本当に不安定です!
「結果は修正されました。私は何かを約束したので、あなたはまだ従うことができるべきだと思います!グループの副社長の位置はまだ結婚相手の.大翔には適していません!」
マネーディレクターのスピーチのトーンは、突然でさえ、少し遊び心があり、知らなかった人々は、マネーディレクターが故意に傲慢で傲慢だとさえ思うかもしれません!

彼は彼の心の中でそのような計画を持っています!

しかし、マネーディレクターは本当に彼に腹を立てたくないと言っていたのです!私がお金の責任者に聞いたとき、たくさんの人々が彼らの目の下を見ているのを見て、大翔の顔は黒炭よりさらに醜いです!現時点では、大翔の心には後悔がいっぱいです私は以前にこれを知っていました、そして彼は1か月前にこの要求に同意するべきではありません!どうしてそんなに不安なのでしょう。

「しかし、大翔氏と取締役会長の関係を見れば、たとえ副社長になることができなくても、他の役職に就くことができます。当社グループはまだ非常に人間的です!」
マネーディレクターの言葉が終わらなかったとき、彼は別の文を追加しました。実際には、彼の言葉がなくても大翔は間違いなく陽翔グループにとどまることになりますが、結局のところ、将来他の機会はないでしょう。しかし、マネーディレクターの言葉が大翔が区グループの行動にとどまり続けたと言った後、それは瞬間が大翔にとって彼らのチャリティーになったようです!

そしてそれは彼と男の間の関係にのみあります、彼自身の能力との関係はありません!
「もちろん、もし大翔が他で高いものを探しているのであれば、当然それを要求することはないだろう。誰もが言う、それはそれだ!」
大翔の息はまだ飲み込まれていない、そして彼はマネーディレクターの言葉にほとんど発話された!

男はお金の監督に耳を傾けたとき少し手助けができず、ちょっとおかしいと感じました。
「もちろん、当社のグシグループは常に従業員の育成を非常に重視してきました。当然のことながら、大翔氏が留まらなければならないと主張するつもりはありません。より多くの機会があります!」

マネーディレクターの言葉が終わった直後に、彼らは、男と大翔が移転するための適切なトピックを見つけることさえしなかった。不幸なことに、私は男に参加した若い理事会メンバーを楽しみにしています!彼はいつもマネーディレクターの側に立っていました、そして大翔はグシグループに入って以来、彼は大翔を本当に好きではありません。
あなた、あなた

陽翔は彼の前でこれらの人々を見て、それは理解できる、これらの人々は、あなたが私の文章である、明らかに直接大翔を奪うというアイデアのリズムです!


自己破壊の彼女のリズムを聞かせてもちろん、彼は大翔に追い払われることをいとわない。明らかに彼の息子、明らかに彼は彼が副大統領になることを望み、明らかに彼はすでに手元に自分の株を分けています!最後に、どのようにそれはそのような結末だろう!お父さん、私は区グループに滞在したいです!男によって止められた後沈黙していた大翔は突然口を開け、彼が突然言った言葉は会議室の人々を驚かせた。

夫婦に行くことにしました。

特にマネーディレクター、彼は彼が彼がとても明確に言ったと思いました、大翔は理解することができるはずです、そして、彼が滞在したいとしても顔がもう滞在しないのを心配しないでしょう。しかし、私は一日の終わりには、それが大翔自身になるとは思っていませんでした!飛んで、あなた…男は確かに大翔が陽翔グループにとどまることを願っています、少なくとも彼は可能な限り彼を助けることができますが、状況は明らかに大翔にとっては明らかに悪いです!
男は彼の考えを変えるべきかどうかについてさえ考え始めました!しかし、彼の考えは固定されておらず、彼は大翔の声を聞いた。
「決心しました。前のポジションに戻りましょう」
マネーディレクターがちょうど言ったので、たとえあなたが副社長になることができなくても、元の部長のポジションは少なくとも彼になることができます!
マネーディレクターがもともと彼によって言われることを考えた後、シェンヤンは去るべきですが、彼は大翔がサソリを降りて、滞在すると言うことを期待していませんでした!私は以前にこれを知っていました、彼はそれを言わなかったので、大翔はおそらくもう二度と泊まりたくない理由がありません!マネーディレクターはそう考え、それを後悔さえしました!明らかに、それは元々大翔を追い払うことが可能でした。今、彼はまだ彼が滞在する言い訳を見つけさせるのです!

「この場合、あなたは留まるでしょう!」
その声を聞いた後、マネーディレクターはすぐに男を見ましたが、この音声は明らかに男の口から出ています。男は当然現時点ではマネーディレクターに説明しません実際には、彼はあまり多くのアイデアを持っていません!トーンは問題を起こすためにシェンヤンを他の場所に行かせます、それは彼自身の目の下に彼を置くことがより良いです、従って少なくとも彼は彼が言ったかやりたいことをしました、彼ははっきりすることができます!
マネーディレクターの理解し難いパフォーマンスよりも誇張されているのは、男と大翔です。明らかに、男の一貫した慣行に従い、大翔を直接追い払うためにこの機会を利用する必要があります!・・・どうして彼は突然そのような決断をしたのでしょう!結局、彼は自分自身に自信があり過ぎるのでしょうか、それとも彼は突然心優しいのでしょう。
「ああ、あなたがそれを言うとは思わないでください、私はあなたに感謝します!」

男のことを考えるのは難しいかもしれませんし、大翔の心は説明できないほど不快です。そしてこの人はまだ彼が最も嫌いな人です!男は本当にそれについて考えていなかった、大翔は彼に感謝させます!それが区グループのためではない場合、彼は彼らとあまりにも多くのコミュニケーションを持っても構わないと思っていません!この1日の競争、または一方的な扱いはより正確であり、そしてそれは終わりを迎えました。男大統領の地位も、男家族に足がかりを固めました。


しかし監督は彼女より興奮しているようです! 結婚相手は定性的でなければなりません! 花嫁や女自身がそうではないということは